Webデザイナーの仕事を始めて4年くらいが経ちました。
最近はありがたいことにお仕事のお声をかけていただく事も増えてきてきました。
AKANE STUDIOの村本あかねです。

今日は私がWebデザイナーに転身した理由について書いてみようと思います。

キャリアチェンジしたキッカケは「妊娠」。
それまでは事務職やアパレル販売の仕事をしていたので、全くの畑違いの職種でした。
ただ、その少し前から私のPCを使ったお仕事の前触れはあったのです。

とある日、システムエンジニアの主人から、エクセルを使用したプログラミング「VBA」をやってみたら?と勧められ言われるがままに本を買い、PCを買い、黙々と机に向かう日が続きました。

「こんな事できるんだ!!」

簡単なものでしたが、システマチックなものを自分で作れた時の喜びは今でも覚えています。

「じゃあそれを使って今の職場のルーチンワークを自動化しよう!」

それから私は必死に楽しく簡単なプログラムを作り完成。
いよいよ会社で使用したその時、、、

「セキュリティーの問題で外部から作られたものは使用できない」

ちーん、、
家では完璧にできていたのにーーー!!
と、ここで私のプログラミングデビューは呆気なく終了しました。

それから数ヶ月後妊娠が発覚。
8ヶ月半くらいまで仕事をして産休になった頃、何か勉強をしたかった私は”日商簿記”の勉強を始めました。
そして(3級ですが)合格。

次に”ビジネス会計”の勉強を始めます。
どこへ向かうの?私??
ビジネス会計は簡単に言うと、会社が儲かっているかが分かるものです。
そしてそちらも(3級ですが)合格。

その後無事に第一子を出産しひと段落してきた2~3ヶ月ころ、仕事について夫婦で話し合いがありました。
今後同じ事務職に復帰するのは別にいいけど、代わりがいくらでもある仕事だし、これから子育てしながらでも働きやすい働き方の方がいいんじゃない?
そんな話をしていく中でWebデザイナーという仕事が候補に上がりました。

その後調べまくっていたら、もうその仕事しか私の頭には入ってきません。

えっ!在宅でもできるの?
えっ!デザイン勉強してないけどデザイナーになれるの?
えっ!フリーランス!?

小さな子供を育てながら、会社や組織の柵に縛られる事なく働けるこの仕事は私にとってピッタリとしか言いようがない。
と、いうわけでデジハリに入学して6ヶ月の間、4ヶ月の娘を認可外保育園に預けながらお勉強を始めます。
そして無事に201610月にWebデザイナー専攻を修業。
私のWebデザイナー人生がスタートしたのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA